2017-05-08

終わりなき便秘との戦い。

アレが出ない。とにかく出ない。ウンウンウンウン唸ってみても外出許可がおりない。まったくもって頑固な守衛さんだ。こっちは外出届けを出しまくってるというのに。
このままの状態だと破裂してしまうんじゃないか・・・。そんな不安な日々を過ごしている。
その不安はいつしかプレッシャーへと昇格し、さらに自分を苦しめるという負のスパイラル。

この苦しみわかってもらえますよね?

「好き」「嫌い」「好き」「嫌い」。幼少のころ誰もがやったでしょ。適当な花弁を一枚ずつ千切って「好き」「嫌い」「好き」「嫌い」って花占い的なヤツ。ただの遊びなのに「嫌い」で花弁が尽きた時はそれなりにショックを受けたでしょ。あの頃は遊びだからよかった。笑って許せた。笑って許せるのは、アッコだけじゃない。オレだって許せてたのだ。

しかし今の僕にはそんな遊びは通用しない。全力で精神統一して全力で花弁を千切る。
「出る」「出ない」「出る」「出ない」「出る」「出ない」
ところがどっこい。僕だってあの頃の僕じゃない。上手にイイ子に交互に繰り返すと思うなよ。いつまでも夢見る少女じゃいられないんだ。
「出る」「出る」「出ない」「出る」「出る」「出る」「出る」「出ない」
あ・・・・・・・(涙)花よ花よ花たちよ・・・。

考えれば考えるほど出なくなる。錆びてるんか?クレ556でも吹き付けてやろうか、というくらい出ない。滑りよくしてやろうか、マジで。クルクルクル〜ってボルト回るくらいにさ。

誰か開いてくれないだろうか。欲をいえば井川遥似の女性よ。「便秘に苦しむ精神構造及び解消させる2017の法則」的な女子会を。
もうこの際、便秘はいい。女子会を開いてくれないだろうか。そしてそこに参加させてくれないだろうか。大丈夫、普段はよく喋るけど、その時はオブザーバーに徹するから。聞こえるか?井川遥似の女性よ。ハイボールよ、唐揚げよ。

チキショー、なんだってこんなことを書かないといけないんだ。それくらい緊迫しているということか。

アレが出ない。とにかく出ない。
おかげさまでウンコは快便だ。出ないのは文章だ。詰まっているのは書く力だ。不思議なもので真正面から考えれば考えるほど書けなくなる。

インプットをすればするほど、アウトプットの壁は険しくなる。一人ボルダリングだ。一つ一つの小さなホールドに苦しめられる。
そして今日もウンウンウンウン唸りながら、こんな駄文を書いています。
この便秘を解消させるには、運動することでも食物繊維を摂ることでもない。ウサギのウンコサイズの駄文をポンポンポンポン量産していくしか術がないという結論にたどり着いた。質より量であり、唐揚げより井川遥なのだ。井川遥なのだ。

ぼんやりとした人生設計の真ん中に文章があることに最近気がついた。誰のためでもない自慰的なこんな駄文を書くことを。
昨日よりもちょっと大きめのウサギウンコが出ればいい。そのために今日もウンウンウンウン唸り続ける。まさに終わりなき便秘との戦いなのだ。

そんなわけでトイレに行ってきます♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA