2017-05-15

人間関係で疲弊している時は人との距離感を気にするその前に。

最近、自宅近所に仕事や自分に向き合う時間を確保すべく、アトリエ(作業部屋)を借りました。

関連記事:憧れを憧れのまま眠らせているほど自分を傷つけている。

そのアトリエ横の駐車場で2匹のネコがギャーギャーニャーニャーと盛大に喧嘩しています。まるで「なんでわかってくれないのよ!」「もっとワタシだけを見てよ!」とヒステリックに叫んでいるかのよう。

「ネコ社会も大変ですなぁ~」と、すっかりぬるくなってしまったコーヒーを啜りながら、「まるで僕らのようではないか」と思わざるを得ません。そう、他人(ネコ)事ではないのですね。

人との距離感が上手く掴めず、どんどん人間関係で疲弊していく。ってことありませんか?

そもそも、なんでこんなに人間関係で疲弊しなきゃいけないんだろう?と考えると、主に「承認欲求」や「被害者意識」が大きく関係していて、どちらも「一方的な」というところに共通点がありそうです。あくまでも僕の場合ですが・・・。

相手はコチラのことを特に気にしていないのに、一方的に距離を詰めることにより、接触事故(疲弊)を勝手に誘発してしまっている。

車に置き換えるとわかりやすいですよね。車の事故対策としては、車の構造を理解し、しっかりとした車両感覚を身につけ、適切な安全確認方法を知ることですよね。

車両感覚がわからなければ、狭い路地で壁や柱にボディを擦ってしまったり、対向車とすれ違えなかったりします。適切な車間距離を保っていなければ、玉突き事故にも繋がってしまいます。

人間関係も全く一緒ですよね。まずは自分に合った感覚や距離感を身につけたいものです。

 

頭の中が散らかっているから依存する。

僕の場合は、頭の中で「やらなきゃいけないこと」や「やりたいこと」がゴチャ混ぜになってしまっていて収拾のつかない散らかりまくった子供部屋の中で泣きじゃくっている子供のようなので、他人に依存してしまっていたり、勝手に不安に陥っている状態に陥ってしまっています。自分が何者かがわかっていないんですよね。自分の感覚がまだわからずにいるのです。

この状態を脱却すべく、100円均一でノートを購入し、特にテーマを設けるでもなく、モヤモヤと頭の中で蠢いていることを無心でノートに転記しています。

そうすることで、「あ~オレはこれを望んでるのか」「これにストレスを感じていたのだな」と視覚化することができるので、脳内に余白が生まれます。使い古された手法ですが、かなりスッキリしますよね。

コツとしては、深く考えずに書くべし!書くべし!書くべし!ノートがモッタイナイ!などと覆わずにひたすら思いついたことを転記することです。100円で2冊もノートが買えるんですもん。心の浄化に繋がるならば安い買い物(投資)です。そしてこの状態を脱却することができた時には、キャンプに行ったときに火種に使いましょうよ。なんか感慨深い気持ちになれそうです(笑)

 

自分の世界に引きこもってみる。

まずは自分の車の構造を理解すべく、思考を外へ外へと向けず、ひたすら内へ内へと集中させ、観察してみましょう。

今、何に興味がありますか? 好きなことだったけど遠ざかっている趣味とかありませんか?

それ始めちゃいましょう。再開させましょうよ。そして自分で経験したことや気づきを発信していけば、おのずと趣味趣向が合う方々と知り合えるので、人間関係の悩みも軽減されます。ひたすら内へ内へと引きこもってみましょう。

その結果、「下界の皆さんコンニチワ」的な余裕も生まれ・・・てほしいと思いながら、僕も日々実践しています。継続は力なり!自分の世界に引きこもるためにも、ある程度SNSと距離を置くのも有効ですよね。キラキラ系の投稿って時にシンドイじゃないですか(笑)

 

距離感の前に、まずは車(自分)の構造を理解し、大切にする。

人間関係で苦しんでいる時、人との距離感が上手くつかめていない、というのも事実ですが、その前に自分自身という車の構造から目を逸らしてしまっているということが大きいかもしれません。誰も助けてくれないんですから。まずは自分で自分を愛してあげましょう。

車(自分)の構造を理解し、しっかりとした車両感覚(距離)を身につけ、適切な安全確認方法(生き抜く術)を知ること。これこそが、車の事故(疲弊)対策なんですから。

 

僕もまだまだ車(自分)の構造を理解しきれずにいます。長い間、おざなりにしてきましたから。

僕が思い描くナリワイ人への道はまだまだ険しいからこそ、毎日あれこれ考えながら、トライ&エラーを繰り返していることに最近生きがいを感じつつあります(笑)

 

【ちょっと一息。今週の駄文】

終わりなき便秘との戦い。

長く険しい戦いも続く。

 

サイト更新情報はこちらのfacebookページでお知らせさせていただいております。
ナリワイ人=ってどんなサイト?という方は→こちらから。

ナリワイ人=インタビュー記事は→こちらから。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA