2017-05-23

多動力を高めるために環境を変えてみる。

先日、Twitterでイケダハヤトさんが呟いていましたが、本当にその通りだと思います。「移動力」と「アイデア」は比例するとも思っています。

僕も「さっさと移動」したいところだけど、息子が高校3年生に娘が中学3年生というお年頃で、気軽に「移住するぜベイベー」的なダイナミックな発言をしてしまうと、震えるほどの冷気が部屋中に行き届いてしまう。

とはいえ、「さっさと移動」を諦めるわけにもいかない。僕が今「多動力」を高めるためにできることは?

多動力

普段とは違う環境に身を置き、集中するスペースを確保する。これが今僕が可能な範囲の「さっさと移動」なんだ。家族に迷惑がかからない範囲なんだ。そんなことを考えていたこともあり、最近アトリエ(作業部屋)を借りた。

アトリエ最寄り駅から徒歩25分という人が寄り付かないであろう場所、そして自宅からはポタリングで「あらヤダ気持ちいい」くらいの距離なので、移動時間もストレスを感じることもなく、そしてアイデアを生み出せる。移動時間だって貴重な時間だ。なにより自転車は気持ち良い。

通った道がないならば、迷いなく迷子になり、新しい情報に触れることができる。

仕事やブログ更新などするときやこれからのシナリオを組み立てる時、視界にノイズが入らないことが理想ということもあり、テーブルにチョコンとMacが置いてあるだけのミニマムな環境だ。

映画を観たいときや書籍を読みたいときはロフトに移動し、その時間にどっぷりと浸ることができる。これも小さな移動力(笑)

「自宅以外に事務所を借りるなんてお金ありますね〜」なんて言う人もいるが、そうではない。今までの毎月のコストを見直して削減し、ここの家賃に割り当てたので、「さぁアトリエ分の家賃を稼がねば!」と鼻息荒くなる必要もない。お金の流れを工夫しただけだ。

 

「やるか」「やらないか」ただそれだけのこと。

大きなことを考える前に、まずは「暮らしを整える」。そのために僕にとっては近所であっても環境を変えることが最良な手段だった。ただそれだけのこと。

 

グダグダ言ったり悩んだりするまえにアクションを起こしてみる。小さな変化でいいじゃない。それが自分自身にとって「多動力」を高める一歩ならば。

先日、愛車がトラブルを起こし、レッカー移動されている姿を見送りながら考えていたのは、概ねこんなことでした。

 

【その他の「多動力」関連記事】

多動力を高めるために今日から身につけておきたい習慣

多動力を高めるためにも、まずは暮らしを整える

 

【ちょっと一息。駄文もどうぞ】

終わりなき便秘との戦い。

長く険しい戦いも続く。

サイト更新情報はこちらのfacebookページでお知らせさせていただいております。
ナリワイ人=ってどんなサイト?という方は→こちらから。

ナリワイ人=インタビュー記事は→こちらから。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA