2017-06-02

シビレる辛さに中毒者続出!らーめん石戸の四川辣醤麺!

最近、カレーネタが続いていますが、今回は、北習志野の知られざる?らーめんの名店をご紹介させていただきます。

新京成・東葉高速線 北習志野駅から徒歩3分。ガラス張りの外観とノボリが目印の「らーめん石戸」さんです。平成元年から創業されていて、今でも多くの「中毒者(常連さん)」に愛され続けています。

北習志野らーめん石戸

他店で浮気ができなくなる四川辣醤麺

いつも僕が決まって注文するのは、なんといっても「四川辣醤麺(しせんらーじゃーめん)」という数量限定のラーメンです。ご存知の方も多いと思いますが「らーめん石戸」さんは担々麺方面が突出しているのです。

北習志野らーめん石戸

長年の経験と豊富な調理の技術から生まれた甜麺醤と豆板醤の配合。独自のブレンドをすることによって、他に類を見ない、他を寄せ付けない深い味に仕上がっています。

北習志野らーめん石戸

【数量限定】四川辣醤麺¥750(税抜)

麺は特殊製法により細麺ながら強い弾力と延びの少ないストレート麺です。(極細香港麺・太麺に変更も可能)

北習志野らーめん石戸

メンマ・チャーシュー・ラー油も自家製。

ただ辛いだけではないんです。甘さの次に辛さがやってくるというループ、この振り幅も特徴です。
いわゆる世に言う「ツンデレ系スープ」というやつです。(別に言われてないか)

北習志野らーめん石戸

なんといいましょうか。味のコントラストがしっかりとしているんですよね。香ばしさと辛味、そしてコク。この味、他では絶対に見つけることができません!

そして一度食べると、他の店の担々麺に浮気をすることもできなくなるくらいの中毒性があります。「まだ食べたことない!」という方は是非お試しくださいね!

 

一緒に小ライス(¥100)も頼むべし!

北習志野らーめん石戸

麺を楽しんだ後は、「おじや」にして更にスープを楽しみたいものです。

スープの旨味をたっぷり吸った海苔でライスを巻いちゃうもよし。

チャーシューを残しておいて、チャーシュー丼にしちゃうもよし。

北習志野らーめん石戸

楽しみ方は、あなたのセンスとアイデア次第!

 

ランチタイムはコーヒーの無料サービスあり

北習志野らーめん石戸

シビレた舌を癒すべく、食後はコーヒーを無料でサービスしていただけます。(平日14時まで)

 

最後に微笑ましいエピソードを一つご紹介。

長年、家族でラーメンを食べに来ていたご家族がいらっしゃるそうです。店に通い出した当初は、まだお子様が小さかったのですが、その子が「結婚しました!」と律儀に報告に来られたそうです。その時しみじみと「ここで長年営業をしてきて良かった」と店長さんは思われたそうです♪

店長さんの気さくな人柄。そして間違いのない味を求め、多くのファンの方々が通いつめる店。それこそが「らーめん石戸」さんなのです。

 

《お店情報》らーめん石戸

北習志野らーめん石戸

住所:千葉県船橋市習志野台2-5-5
電話:047-461-1410
営業時間:11:30〜23:00(ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業)
定休日:月曜日

※ ※ ※

思いのほか好評!船橋カレー物語!

インド料理ガンディー

#001インド料理ガンディー

SITAL北習志野

#002SITAL(北習志野)

 

安定的にアクセスされている船橋ネタ

船橋ホンビノス貝

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA