2017-06-02

【ポタリング】那須高原リサーチ不足とズボンの問題①

スポンサー リンク

あらゆる物事において失敗という結果の原因の大半は準備不足である。

と、誰かがどこかで言っていた。

那須高原ポタリング

どこなんだ・・・ここは。

どこで道を間違えたんだ・・・。

那須高原ポタリング

ネットの情報で知った。那須高原にサイクリング大好きのオーナーさんが経営する喫茶店があるということを。

那須に来ることがあるならば、是非寄ってみたい。そう思っていた。それが今日なんだ。

しかも今回の問題はリサーチ不足だけではない。ズボンのベルトも忘れたため、いつでもどこでもズボンを脱げる状態にある。

そう、自分の意思とは関係なく。よって、立ち漕ぎも封じられたことを意味している。坂道の多いこの土地で。

五色庵

どこで道を間違えたかわからないが畦道を抜け、とりあえず那須街道を那須ICに向けてペダルを漕ぐと、純和風の佇まいをした「五色庵」という蕎麦屋を発見。

なにはともあれ腹ごしらえだ。

五色庵

250年以上の時を経た山形県の庄屋の屋敷をそのまま移築したという「五色庵」

五色庵高遠そば

土間から座敷を上がり、メニューを見ていると「高遠そばがオススメですよ」とのこと。オススメされるがまま「高遠そば」を注文。

「高遠そば」とは、山葵より数倍辛いと言われる辛味大根をおろしたタレを和えて食べるそばらしい。あまりの辛さに好みが大きく分かれるとか・・・。

五色庵高遠そば

そばが茹で上がるまでの間に出していただいたスティック大根をポリポリやりながら、店内に置いてあった「那須高原イラストマップ」で現在地を確認してみる。

なるほど・・・目指すべき喫茶店「SUDA COFFE」は、ここからかなり近いではないか。

隣のテーブルに座っている客は「ジョセフィーヌという店のヨーグルトがかなりヤバい」というような話をしている。どうヤバいかは不明だが・・・。

五色庵高遠そば

ほどなくして、「高遠そば」の登場。想像していたそばと違い、細くて白っぽい。甘辛いタレに辛味大根をドサッと入れ、ズズッとすする。

想像を絶するほどの辛さではないが、かなり好みの味だ。ボリュームも申し分がない。

これで焼酎か日本酒などを飲めたのならば・・・などと考えながら会計を済ませ、目指すは「SUDA COFFE」だ。

SUDA COFFE

「五色庵」から1kmも走らず、あっさりと「SUDA COFFE」に到着した。

サイクリストの憩いの場所と言われる通り、テラスにはサイクルスタンドが設けられ、店内では何組ものサイクリストの方々が談笑している。

SUDA COFFE

羨望の眼差しを送りつつ、大きめの咳払いをして存在感をアピールしながら、アイスコーヒーを注文し、ひとりテラス席へ。

SUDA COFFE

「これからどこに行かれるんですか?」

寂しさのオーラを全身から放ち、今にもズリ落ちそうなズボンをおさえているアヤシイ僕に見かね(笑)オーナーさんが声をかけてくださった。

「特に行く場所は決めてないんです・・・」と答えると、「那須疎水公園に行かれてみては?」とオススメしていただき、その後少しの時間の雑談にも付き合ってくださった。

丁寧にオーナーさんに御礼を述べ、一路「那須疎水公園へ!」と思ったが、さっきの蕎麦屋で聞いた「ジョセフィーヌのヨーグルトがかなりヤバい」が、どうにも気になりすぎる・・・。

手元のマップで位置を確認すると見事に正反対の位置にある。しかしこれは行かねばなるまい。これも縁なのだから。

再び那須街道を湯本方面へ走り、国道30号線とぶつかる交差点を右折し、2kmほど走ると「ジョセフィーヌ」に到着。

ジョセフィーヌ

手入れの行き届いたサルビアや、その他の花々(名前がわからない)が迎え入れてくれる。

ジョセフィーヌ

お店の顔とも言えるこのスペースをここまで丁寧に手入れをされている。直感でこの店は間違いない。お客に愛されているお店だと感じた。いや、さきほどの蕎麦屋の客の言葉を借りれば「ヤバい」と。

この店の一番人気だというブルーベリーヨーグルトを注文し、テラス席へ。

ジョセフィーヌ

低温熟成でじっくり発酵しているので酸味が少ないなめらかな無加糖のプレーンヨーグルトの上に、直栽培のブルーベリーと、あんぽ柿が乗っている。ヨーグルトとのバランスが抜群だ。半冷凍状態のブルーベリーと、あんぽ柿のシャキシャキとした食感も面白い。

ジョセフィーヌ

隣のテーブルでは老夫婦が何を語るでもなく、ブルーベリー畑をただただ見つめている。二人にとって貴重な時間なのだろう。静かに流れる二人だけの時間。なんと贅沢なのだろう。

二人の時間を邪魔してはなるまい。と席から立った瞬間にズボンがズリ落ちた。次に目指すは「那須疎水公園」だ。

《続く》

スポンサーリンク

その他のポタリング記事はこちら

【ポタリング】那須高原リサーチ不足とズボンの問題①
【ポタリング】平日の真っ昼間に亀有まで優雅に両さん銅像をコンプリートする旅

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA