2017-06-02

【ポタリング】那須高原リサーチ不足とズボンの問題②

スポンサーリンク

《那須高原ポタリング前編はこちら》

散歩の最大の醍醐味は発見である。

これも誰かが言っていた。なんら異論はない。

むしろ拍手パチパチものだ。リサーチ不足だからこそ出会える場所というものも・・・きっとある。

目指すは、SUDA COFFEのオーナーさんに教えていただいた「那須疎水公園」だ。

絶品のヨーグルトを堪能したジョセフィーヌから再び那須街道を塩原方面へと再びペダルを漕いでいく。

那須高原ポタリング

那須高原大橋の手前の脇道を入っていくと、坂道が現れた。

これを登れというのか・・・今にもズボンがズリ落ちそうだというのに。

なに。臆することはない。こんな坂なんぞ、立ち漕ぎせずとも登りきってやるわ。

・・・・あ。那須高原ポタリング

那須高原ポタリング

そんなわけで見事に坂も登りきり(歩いてね)「那須疎水公園」に到着。

「那須疎水公園」は明治38年に建設された那須疎水旧取水施設で日本三大疎水の一つとのこと。

だ、誰もいない・・・。園内には人の気配はない。

那須疎水公園

那須疎水公園

景観を邪魔するビル群もないので、秋空がどこまでも広がっている。

見渡せば視界に広がる那須連山も、おだやかに流れる那珂川も独り占めだ。なんて贅沢な時間なのだろうか。

那須疎水公園

那須疎水公園猿面石

那須疎水取入口工事中に発見されたという猿面石。

那須高原ポタリング

[10分後]

寂しい・・・。え? なに? やだ・・・なんだかとっても寂しい。

まだまだ落ち着くには早すぎる年齢。回転数を高めて負荷を強めに、まだまだ走り続けなければいけない年頃なのだ。夢見る少女でいたい年頃なのだ。

ある程度の言い訳と落ち着きのない自分への慰めを済ませ、那須高原大橋を塩原方面へと走らせていく。

那須高原ポタリング

家畜用であろうトウモロコシ畑や蕎麦畑。道ばたに咲くコスモスや彼岸花。

自転車だからこそ味わえるこの景色や風の匂い。求めていたデイトリップがここにはある。

那須高原ポタリング

道の駅湯の香しおばら

それにしても、よく休む。気になる場所を見つけるとすぐに止まってしまう。そして良く食べる。

道の駅湯の香しおばら

道の駅湯の香しおばら

キウイとバニラのハーフ&ハーフのソフトクリーム

なに。ハラなんていくらでも下してやる。デイトリップを終えたあとに「あ!あの時やっぱり食べておけばよかった~~!!」なんて後悔なんぞクソ食らえだ。

道の駅湯の香しおばら

 

しばしの休憩をはさみ、出発。

那須高原ポタリング

それにしても、なぜここまでポタリングに魅せられてしまったのだろうか。これ!というきっかけがあったわけでもない。ごく自然に、ごく自然に自転車を求めていた自分がいた。

今までデザインの仕事や文章を書く仕事をしてきた。それさえも「自転車と出会うためだったんじゃね?」と思えるほどに夢中になっている。

人生は出会いと選択の連続だ。あながち間違っていないのかもしれない。

千本松牧場ポタリング

そんなことを考えながら走らせていると、今回のポタリングのゴールに設定した「千本松牧場」に到着した。

「千本松牧場」内には、一周4kmの牧場や森林浴が楽しめるサイクリングコースがあるというので、そこで出会った景色とともに、このポタリングレポートも、やっとこさ幕を下ろす。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

千本松牧場ポタリング

千本松牧場ポタリング

千本松牧場ポタリング

千本松牧場ポタリング

千本松牧場ポタリング

《完》

スポンサーリンク

その他のポタリング記事はこちら

【ポタリング】那須高原リサーチ不足とズボンの問題①
【ポタリング】平日の真っ昼間に亀有まで優雅に両さん銅像をコンプリートする旅

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA