2017-03-11

ナリワイ人=の主題歌が欲しい①

その日は強い北風が吹いていた。僕が乗る電車は時間感覚を調整すべく、扉を開けたままホームに止まっている。
すると北風と共に、近所の焼き鳥屋さんからの便りだろうか、北風と共に車内に香ばしい香りが乗車してきた。
誰もが思ったことだろう。「今晩は焼き鳥で一杯やりたいな」と。

僕の前に立つサラリーマン2人組も例外ではない。美味しい焼き鳥屋さんを知らないか?という話から始まり、過去の飲み会の面白エピソードまで話は広がっていった。

「まるで音楽のようだな」

そう思った。街中でTVで居酒屋でふとした瞬間に懐かしい音楽が聞こえてくると、いつだって音楽は僕たちをあの時代まで時空を超えて、その時の感情を甦らせてくれる。苦しかった過去も楽しかった過去も今なら俯瞰で見ることができる。何度音楽に助けられてきただろうか。音楽はいつだって頼りなく歪みそうな軸を正してくれる。

「主題歌が欲しいな・・・」

このメディアを構想している時から「ナリワイ人=」発のコンテンツを作りたい。と常々考えていた。その一発目として主題歌を作ってみることにした。そうだ!あの曲を主題歌として使いたい。主題歌に相応しい候補曲の目星をつけていた。
仲間からは「なんでwebサイトに主題歌?」と不思議がられたけれど、しょうがない。特に深い理由があるわけではないけれど、発作的かつ本能的かつ直感的に主題歌がたまらなく欲しかったんだから。それっぽい理屈はあとからついてくればいい。

彼の名はchi-nogu。20代後半から〜30代前半にかけて、銀座Miiya cafeというライブハウスでライブらしきことを主催していた時からの大切な大切な友人だ。

いつでもベロベロでステージに立つ僕(笑)

chi-noguの曲をパクッ、、、使わせてもらおう!と交渉すべく、彼と西小山駅の居酒屋で急遽待ち合わせることにした。
その日、関東地方では「春二番」と呼ばれる強い風が朝から吹いていた。

《つづく》

【ナリワイ人=facecookページ】で最新記事の更新をお知らせしていきます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA