2017-06-01

【船橋漁港の朝市】出店者に突撃インタビュー:ひらの農園さん編

こんにちわ。ちーちゃん(@nariwaijin)です。

このページをご覧の方は、「みんなの船橋」ブログからお越しいただいたことを想定して、お話を進めさせていただきます。

毎月第3土曜日に開催される「船橋漁港の朝市」に足を運ぶと、このようなチラシを目にする機会が多いと思います。

船橋漁港の朝市ニュースレター

それ、ちーちゃん(@nariwaijin)が製作を担当させていただいております。チラシではなく、「ニュースレター」なんて呼び方をしています。

▶︎ニュースレターってナニ?という方は→こちらからどうぞ♪

今まで紙媒体のみで配布していましたが、当サイトでwebに転載してお届けします。

 

もっと小松菜の魅力を伝えたい。

みなさんこんにちわ。「ひらの農園」です。
近年、船橋のブランド野菜として認知され始めてきている小松菜。

船橋の優れた産品のブランド化を進めるための取り組みの一つでもある「ふなばしセレクション」でも、当園の小松菜を使用した「小松菜とホンビノス貝のピッツァ(コンパーレ・コマーレさん)」や小松菜を加工した小松菜パウダーが「ふなばし産品ブランド」に見事認証されました。

「もっと小松菜の魅力を地域の方々に発信しよう!」と西船橋地区で葉物共販組合(品種・種まき方法・長さ・重さなどの共同規格を作り、生産量の増減に左右されず、安定して配給できる仕組みを作る組合)に属する小松菜農家の若手後継者が16軒集まり、「チームうぐいす」という組織を組み、地域の小学校での食育活動や地元飲食店と連携を取りながら、新商品の開発やイベントの企画などの活動に力を入れています。

 

小松菜で地域活性化の一助となれれば。

いまや船橋の名物!「小松菜ハイボール」

ありがたいことに、船橋市内の多くの飲食店でも当園の小松菜を使用したメニューを提供し、お客様から大変喜ばれている。という声も多く聞こえるようになりました。 こうして私たちが栽培した小松菜が地域の活性化の一助となれていることに誇りを感じています。 これからも船橋ブランドの小松菜PR、そして小松菜と地域を繋げていく活動に力を入れていければと思っております。

船橋漁港の朝市にも、毎回出店させていただいておりますので、是非お気軽に声をかけてくださいね♪

☆ ☆ ☆

以上、船橋漁港の朝市ニュースレターより転載記事でした〜。

▶︎ニュースレターってナニ?という方は→こちらからどうぞ♪

▶︎次回の船橋漁港の朝市スケジュールはコチラから。

▶︎その他の船橋漁港の朝市転載記事は→こちらから。

☆ ☆ ☆

《ご案内》

早いもので、広告や販促の仕事を始めて(フリーランス歴はナリワイ歴は8年くらい)20年弱が経過しました。

その中で強く思うこと。それは大きな企業の仕事よりも個人で少人数で頑張っている企業やお店をサポートしていきたいということです。

「ありがとうの声が聞こえる範囲で仕事したい」のです。

当サイトを運営しています、ちーちゃん(@nariwaijin)の時間を下記サイトで購入いただけます。販促やPRなどでお困りの方はこちらからどうぞ。いつでもどこでも駆けつけます。

無料ショップ開設なら「BASE」

船橋漁港の朝市ニュースレター製作担当ちーちゃん

船橋漁港の朝市で配布されるチラシ(ニュースレターって呼んでます)を製作しています。もうかれこれ4年くらい担当させていただいています。友人のパン屋が出店していることもあり、ほぼ毎回船橋漁港の朝市に参加(パン屋の売り子手伝い)させていただいています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA