2017-05-03

ニュースレターを発行している方に聞いてみた!~船橋漁港編~

こんにちわ。ちーちゃん(@nariwaijin)です。

来年も行くぞ!宮古島!!

前回は「ニュースレターの発行頻度の決め方」というお話をエントリーさせていただきましたが、今回は実際にニュースレターを発行している方にお話を伺いました。

千葉県船橋市、ふなっしーで注目されましたが、船橋に漁港があるってご存知でしたか?実はご存知ないという方が多いようです。と、いいますのも、船橋市内人口の約73%の方が、船橋に漁港があることを知らないと言われているとのことなのです。
漁港で働いている方々は、日々誇りを持って新鮮な魚を地域の方に味わってほしいと思っているのに…、これでは手厳しすぎます。

「ならば、もっと漁港の中に入りやすい日を作ればいい!」

そう気付き、2010年から船橋漁港では毎月第三土曜日に「船橋漁港の朝市」を開催されています。
そのPR・コミュニケーション手段の一助として、ニュースレターを選択されました。
果たしてその効果とは…。お話を伺いました。

なぜニュースレターを発行しようと思いましたか?

船橋漁港の朝市を我々が開催してから3年(ニュースレター発行前です)経ちますが、来客数をさらに増やすことと、各出店者の実店舗への誘導(来店)に繋げていくことが、運営をしていく上での課題でした。

「船橋漁港の朝市」開催告知のPRのためだけであれば、web媒体で集客をする方法もあるでしょうが、ガッチリお客様とコミュニケーションを取るためには、アナログ媒体が効くのではなかろうか?と思い、ニュースレターの企画・制作を依頼しました。

どのような効果がありましたか?

ニュースレターを朝市時に配布するだけではなく、地域の新聞販売店さんに御協力いただき、開催前日の朝刊にニュースレターを折り込んでいただいていることもあり、来客数が圧倒的に増えました。
また、「ニュースレター見たわよ」とお客様から声をかけていただく機会も増え、お客様と出店者とでコミュニケーションを取れるようになりました。
来客数が増えることも重要ですが、お客様とのコミュニケーションが取ることができるようになったことはとても大きかったですね。

NHK「おはようニッポン」でも取り上げられました。

これからニュースレターを始めようとしている方に一言お願いします。

ニュースレターを発行してから実際に効果が出るまでには若干時間がかかると思います。しかし、その効果は絶大です。「ターゲットを絞ること」「何を伝えたいか」「ニュースレターを見てどうしてもらいたいのか」を明確にすることで、さらに効果が高まっていくと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

【製作者より】

毎回、船橋漁港の朝市に立ち会わせていただいていますが、明らかに来客数が増えているのがわかります。もちろんニュースレターだけの効果ではありません。みんながみんなを応援し、みんながみんなを宣伝し、そのコミュニケーションの輪がどんどん広がり、ファンが増えているのです。
その一助としてニュースレターという媒体を通して、朝市活性化の応援をさせていただいております。

 

どんな内容をニュースレターに掲載しているの?

これもよく聞かれることなので、こちらのカテゴリーにニュースレターに掲載した記事を転載しています。たった一枚のニュースレターですが、多くの方を取り上げることにより、コミュニケーションツールとしても効果を発揮しています。

▶︎【こっそり見せちゃう】船橋漁港の朝市ニュースレターに掲載したネタはコチラから。

次回は、「顧客リストを活用できてますか?」というお話です。お楽しみに♪

▶︎その他のニュースレター関連記事はこちらから。

こちらもオススメ!仮想通貨で「億り人」続出!

2017年は「仮想通貨元年」などと言われ、仮想通貨で「億り人(億の資産を築いた人)」が続出した年でもありましたね。
とはいえ、まだ「仮想通貨?ビットコイン??」って人もいると思います。

まだまだ伸びるであろう仮想通貨。この波に乗り遅れないためにも、ご一読いただければ!

▶︎【初心者向け】いまからでも遅くない!仮想通貨の始め方

 

ちーちゃん

早いもので、広告や販促の仕事を始めて(フリーランス歴はナリワイ歴は8年くらい)20年弱が経過しました。その中で強く思うこと。それは大きな企業の仕事よりも個人で少人数で頑張っている企業やお店をサポートしていきたいということです。

これからの行き方を模索しながら、ナリワイで輝く人を増やしていきたい。そんな想いから、当サイトの運営を始めました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA