2017-05-04

ニュースレターを発行して、すぐ売上に繋がるわけではない。

こんにちわ。ちーちゃん(@nariwaijin)です。

来年も行くぞ!宮古島!!

前回は「顧客リストを活用できてますか?」というお話をエントリーさせていただきましたが、今回はニュースレターを発行してすぐに売り上げがあがるわけではないよ。というお話です。

関連記事:今起こってる現実!顧客離反が増加している理由とは?

ニュースレターは、なんのためのツール?

ニュースレターを発行する=売り上げが上がる、という認識をしている人は少なくありません。
しかし実際のニュースレターは、直接売り上げを上げるためのツールではありません。ニュースレターに即効性を求めるならば、発行は止めておきましょう。
発行したからといって売り上げがあがるというものではないのです。そんなに甘いものではない。
ではなんのためのツールなのでしょうか?
今回はこの辺りを掘り下げてみましょう。

お客様との定期接触が目的

ニュースレターはあくまでも「お客様との定期的な接触」を目的として発行されるコミュニケーションツールです。
「お客様との定期的な接触」は、自分の会社やお店がお客様の記憶から薄れていってしまうことを防ぐのに役立ちます。
何かのきっかけで、ふと思い出してもえらえるよう、いつも記憶の片隅に存在を残してもらえるようにするもの。それがニュースレターです。
企業側の売りたいタイミングと消費者側の買いたいタイミングがマッチすることは考えにくいので、いかに「お客様との定期的な接触」をして忘れさせないかがとても大切です。
この目的を忘れないようにすることが、最終的には売り上げに繋がるような、お客様との関係を密にしてくれるニュースレターの発行に繋がります。

 

それでも売上につなげたい場合は?

コンテンツの内容で気をつけたいことは、ニュースレターの中でセールスをしないこと。
ニュースレターの内容にセールスが含まれていると、お客様に「これはニュースレターではなく、宣伝のための広告だ」という印象を強く与えてしまい、逆効果になってしまいます。
基準としては「商品やサービスの告知」や、その特徴の説明までにとどめておくことです。
それ以上押すとセールスになってしまいますので、不快感を抱かれてしまいます。商品やサービスをおすすめしたい場合は、ニュースレターとは別にチラシを同封して訴求するようにしましょう。商品やサービスに興味を持っている方には詳細説明がまとまっているチラシで訴求を行い、ニュースレターとは切り分けるのがベストです。

 

商品の魅力の伝え方。

「ニュースレターの中でセールスをしないこと」とはいっても、商品の話を全くしないのであれば、ただのお手紙と同じになってしまいます。
売り上げを見込むために商品のコンテンツをニュースレターに織り込むときには、商品へのこだわりや、その商品が生まれるまでのストーリーを載せるようにしましょう。
これらの商品やサービスが生まれるまでのストーリーというものは、企業やお店の中では当然知られていることであっても、お客様は知り得ないことです。
しかしこういった情報は、実はお客様が気持ちよく商品やサービスを利用するために、とても知りたがっていることでもあるのです。
商品の背景にある情報には大きな価値があります。
どんなこだわりを持って開発をしたのか、どんな工夫がなされてきたのか、どういった経緯で誕生したのかなど、商品やサービスの歴史や背景をニュースレターを通して伝えましょう。
こういった情報が、お客様に商品やサービスが生まれたことに対する感動を与え、結果的にお客様の心や記憶に残る可能性も高まり、売り上げにも影響を与えることになります。

 

届きましたでしょうか?

次回は、ニュースレターを有効に活用し、毎月新規の契約をドカドカと受注されているアールフィールズ(株)さんにお話を伺いましたので、そちらを掲載させていただきます。

▶︎その他のニュースレター関連記事はこちらから。

こちらもオススメ!仮想通貨で「億り人」続出!

2017年は「仮想通貨元年」などと言われ、仮想通貨で「億り人(億の資産を築いた人)」が続出した年でもありましたね。
とはいえ、まだ「仮想通貨?ビットコイン??」って人もいると思います。

まだまだ伸びるであろう仮想通貨。この波に乗り遅れないためにも、ご一読いただければ!

▶︎【初心者向け】いまからでも遅くない!仮想通貨の始め方

 

ちーちゃん

早いもので、広告や販促の仕事を始めて(フリーランス歴はナリワイ歴は8年くらい)20年弱が経過しました。その中で強く思うこと。それは大きな企業の仕事よりも個人で少人数で頑張っている企業やお店をサポートしていきたいということです。

これからの行き方を模索しながら、ナリワイで輝く人を増やしていきたい。そんな想いから、当サイトの運営を始めました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA