【船橋漁港の朝市】仕掛人の内海金太郎です!


このページをご覧の方は、「みんなの船橋」ブログからお越しいただいたことを想定して、お話を進めさせていただきます。

毎月第3土曜日に開催される「船橋漁港の朝市」に足を運ぶと、このようなチラシを目にする機会が多いと思います。

船橋漁港の朝市ニュースレター

それ、ちーちゃん(@nariwaijin)が製作を担当させていただいております。チラシではなく、「ニュースレター」なんて呼び方をしています。

今まで紙媒体のみで配布していましたが、当サイトでwebに転載してお届けします。

 

船橋に漁港ってあったんだ〜?そう!あるんですってば!

「船橋漁港の朝市」仕掛人の内海金太郎です!

東京から電車で30分弱のところに位置する船橋市は人口約61万人が住む都市であります。その中の約73%の方が、船橋に漁港があることを知らないと言われております。

船橋漁港はららぽーとの西側、海老川をはさんで反対側に位置します。 船橋漁港に対するイメージで我々がよく耳にするフレーズを列挙すると…

①船橋に漁港があるの?

②船橋で魚がとれてるの?

③船橋の海で食べられるものが水揚げされてるの?

・・・てな具合であります(涙)

我々もずいぶん考えました。どうしたら多くの方に船橋漁港を知っていただけるものかと。

絶賛発売中の「船橋日和」という本にも船橋漁港を紹介していただきました。

 

毎月第三土曜日に船橋漁港の朝市開催!

普段から漁港は解放しているので、入ることも買い物をすることも可能です。しかしお客様からすると漁港の中に入りづらいのも確かです。


ならば、「漁港の中に入りやすい日をつくればいいじゃん!」と考え、「船橋漁港の朝市」を2010年8月よりスタートさせました。

「船橋漁港の朝市」は毎月第3土曜日、午前9時〜11時に開催しております。船橋漁港水揚げの旬の水産物(鮮魚・貝類・海苔)や船橋産の旬の農作物、それらを使った加工品・軽食等を生産者が販売しています。

回を増すごとに、来場いただける方も多くなり、「継続は力なり」の言葉を噛み締めています。

 

毎回満員御礼!「お魚のさばき方教室」

また、毎回好評をいただいているのが「お魚のさばき方教室」であります。船橋漁港で水揚げされた新鮮な魚を題材に、プロ の料理人の方が「華麗かつ台所が汚れにくいさばき方」をレクチャーします。

「魚といえば、スーパーで切り身のものを買うもの」と思われていませんか?

魚の構造に合わせてさばいていくことを覚えれば、また料理の幅が広がり、面白くなるので、オススメです。

完全予約制とさせていただいておりますので、参加申込・お問い合わせにつきましては、詳細はホームページをご覧ください。

 

朝市以外の日でも 気軽に遊びにきてくださいね!

基本的に船橋漁港は解放しております。ご連絡をいただければ、船橋漁港内を案内させていただきます(水揚げ状況や作業状況によります)。 お気軽にお問い合わせください。

ニュースレターを発行している船橋漁港様の仕掛けはレシピの提案

☆ ☆ ☆

以上、船橋漁港の朝市ニュースレターより転載記事でした〜。

▶︎次回の船橋漁港の朝市スケジュールはコチラから。

▶︎その他の船橋漁港の朝市転載記事は→こちらから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA