2017-04-15

File♯003 レジュフラワー講師_三上美幸【後編】

《前編はこちらから》

自分が楽しくて笑顔になれて、それが自分の好きな人たちと同じ思いであったらいい。

レジュフラワー三上美幸

ナリワイを仕事にしていると「好きなことを仕事にしているっていいね」「会社に縛られなくっていいね」と言われる事が多いという三上さん。その意見には全く同意だそうで、日々その思いを強くしているという。
その上で自分の考え方が大きく変わったと思う側面もあるのだという。
体調不良だった時期や引きこもり主婦をしていたナリワイ前の自分。
何をしたいのかわからず、自分の生きている意味にさえ疑問を問いかける日々。
しかしナリワイを始めて、からその「もやもや」から解放されることになったのだ。

「自分が楽しくて笑顔になれて、それが自分の好きな人たちと同じ思いであったらいい」

レジュフラワーの活動を通して次第にこんな思いを強くした三上さん。
この思い胸に進み続けた結果多くの仕事やイベントなどに携われるようになり、
結果的に「人生が楽しくなった事」が一番の成長であり変化であったと振り返る。

何よりも今一番うれしいのは、レジュフラワーの技術をのれん分けした生徒さんから、

「三上さんみたいな人生を歩みたいから、自分もレジュフラワーの講師になりたい」

と言われたことだという。
レジュフラワーの技術ではなく、三上さんのレッスンが生徒さん自身の生き方に素敵な変化をもたらしたという事実が、何よりうれしかったそうだ。

「私はこの人好きだなーって思える人がたくさん増えていくことがすごく好きなこと」

そう語る三上さんは今でも老若男女問わずいろいろな人と交流を持ち、そこで出来たつながりをとても大切にしているという。

 

同じ思いを持っていた女性の役に立つことをしたい。

レジュフラワー三上美幸

接客セミナーも大好評!

レジュフラワーのハンドメイド講師としてのナリワイではあるけども、それは手段の一つ。
三上さんの中にはいつでも「自分が楽しくて笑顔になれて、それが自分の好きな人たちと同じ思いであったらいい」という考えがある。
レジュフラワーという技術や三上さん自身を通して「何かしたいのにもやもやしている女性」の役にたつことをもっとしていきたい。
そんな思いから現在三上さんはレジュフラワーの技術をワークショップや教室で教えるだけなく、講師育成にも力を入れている。
さらに毎月第一土曜には「おしゃれをしておしゃれな場所で女子会」という名の女子会を開催しかつての自分と同じ事で思い悩んでいる人や行き詰まりを感じている人、未来を語りたい人たちの話に耳を傾け思いを共有することも忘れない。
「自分が楽しくて笑顔になれて、それが自分の好きな人たちと同じ思いであったらいい」という願いのとおり、三上さんの描く未来は、レジュフラワーのアクセサリーのように、人のつながりの分だけその輝きを増してゆくのかもしれない。

ナリワイをはじめたい人へのメッセージ

レジュフラワー三上美幸

ナリワイって1人で仕事しなきゃいけないのかな?って思う所があるんですが、本当はそうじゃなくって、いっぱいの仲間がいるからこそ、
楽しくやっていけるのだと思うのです。
自分1人だけだと結局うまくいかないことも、誰かの助けをもらったり、自分が逆に何かをすることで、いろんな人がいろんな風に
変わっていくと思うのです。
だから1人で抱え込まず、色んな人と関わって行ったらいいと思います。

「不安」や「もやもや」は1人で抱え込まずに誰かの手をつかんで一緒に解消する。
そう、1人で花を編むのではなく誰かと一緒に楽しく編んで、永遠に枯れないキラキラのアクセサリーにしてしまおう。

レジュフラワー三上美幸

日本レジュフラワー協会ホームページは→コチラから。

エントリーしてすぐに友人から「ねぇ?バカなの?w」と反応がよかった記事がこちら。

インスタ女子に人気急上昇のスモーフローって何?

最近何気に読まれている記事がこちらです。

満天青空レストランとホンビノス貝

日テレ「満天☆青空レストラン」でも紹介されていたホンビノス貝が買える朝市。今月は4月15日(土)に開催!

スポンサー リンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA