何かを新たに始めるときは些細なきっかけでいいんじゃん?


 「ハァハァハァ・・・。ダセェなぁ。全然走れねぇじゃん」
 数100m走ってはすぐに立ち止まってしまう。これが2017年7月末の僕。ダセェなぁ。
「そうだ!とりあえずランニングを始めよう!」
そう思ったきっかけはとても些細なことだった。
毎年、夏になると離島ツアーに出かけることにしている。今年は宮古島に行き先を決めていて、離島ツアーは今年で8年目を迎える。
去年までの離島ツアーは全て体調不良で全力で楽しめずにいた。
ピンポイントでどこかが体調悪いというわけでもないんだけど、全体的にまんべんなく体が重たい。ダルい。
わかっていたんだ。バチクソに思い当たる。
そう。日々の不摂生と運動不足。まずはシューズさえあれば始められるランニングを日々の習慣として取り入れてみることにした。

▶︎あ、この本とってもオススメです!

待ってろ!宮古島!万全の体調で騒ぎに行くから!

「今年こそは宮古島でキャッキャッ言って騒ぎ散らしてやる」その思いをエネルギーに変えて。

あの頃の味。

まずは毎朝(二日酔いの日を除く)2.5km走ることから始めてみた。2週間も経つとあっさりと走り続けることができるようになったので、距離を5km、10kmと伸ばしていき、途中の給水所ポイントをセブンイレブンに設定し、ポカリスエットをガブ飲みをしたその時。

ランニング時にnanacoは超便利。小銭いらず。

一気に飲み干すと、あることに気がついた。
「ん?? 懐かしい味がする」
小学校の時、部活(サッカー)の練習の給水タイム(今ほど頻繁に給水することができなかった時代)にポカリスエットをガブ飲みしたときのあの頃の味。その味を確かに感じることができた。
その味を思い出してから、ランニングを続けることが苦にならなくなった。
「またあの味のポカリを飲みたい」

体が絶好調になりつつある自分も感じることができた。

 

きっかけなんて些細なことでいい。

宮古島でも朝ラン5kmを毎日走ってきたよ。


新たな習慣を取り入れようとするとき、どうしても色々と情報をインプットしてしまうけれど、それを繰り返してしまうと、モチベーションは削がれていってしまい、情報過多のデブになってしまう。

まずは目標を小さく設定して続けてみて、「あれ?」と思うようなことがあれば、情報を取り入れ補いながら改善していく。これが日々の生活に小さな習慣を組み込んでいくコツのような気がする。「まずやっちゃえよ」って話。

股関節を痛めてしまう。

気をつけなければいけないのは調子にならないこと。長い間、運動不足だった体。まだまだ走れるぞ!という元気な心。

体の声に気がつけず、走り続けた結果、股関節を痛めてしまい、ランニングを中断せざるをえなくなってしまった・・・。調子に乗っちゃダメね。「ちょっと物足りない」くらいがちょうどいいのかもしれない(反省)。

 

新たにやりたいことが見えてきた。

人間の悲しい習性。帰巣本能ってヤツ。ランニングを中断すると、すぐに自堕落で不摂生な生活へと戻ろうとしてしまう。ラクな方へ、ラクな方へと。

これではイカン!と体の無理のない範囲でランニングを再開すると、今までフタをしていた「やりたいこと」がヒョッコリ顔を出すようになった。
「旅に出たい」
いや、さっさと出ろよ。と思われるかもだけど、ところがどっこい「旅」という言葉に身構えてしまう。大げさに考えてしまう。ここでもひたすらダサい。
そんなんじゃ、いつまでたっても実現しないのよ。
旅・・・それは普段通らなかった道でも歩き出せば、それは非日常体験を味わうことができる。すなわちそれも旅である。
そう旅を自分の中で再定義すると、なんだか気持ちが踊り始め、ワクワクしてくる。

日帰りで行ける範囲で無理をせず、「旅×ランニング=旅ラン」だ。これが新たにやりたくなったこと。ランニングを始めなければ出会えなかった気付き。

 

だってナリワイ人だもの。

フリーランスという立ち位置で日々仕事をさせていただいている。時にはデザインワーク(主に紙媒体)時にはライターとして。時には雑用やマッチングや日雇い労働的なものも(笑)
自分で時間をデザインできるという恵まれた環境下にいる。これを生かさず、何を生かそう。今までどれだけの時間を浪費していただろう。どれだけ自分を殺していたんだろう。ゴメンね自分。
ナリワイ人じゃん。もったいないじゃない。まずは動き出してみよう。そんな時間の使い方やライフデザインの提案も素敵じゃないか。
好きなことをして生きていく。その一歩に繋がるかもしれない。痛めた股関節(完治してない)をカバーしながらゆっくり走るその一歩がまだ見ぬ道に繋がっているかもしれない。
そう思うとワクワクするじゃない。その心の動きを捉えられただけでも始めてみる価値がある。
何かを新たに始めようとするとき。それは些細なきっかけで十分だ。そんな気がしてる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA