2017-06-02

「船橋漁港の朝市」は今後も船橋ブランドの商品をお客様に提供していきます!


こんにちわ。ちーちゃん(@nariwaijin)です。

このページをご覧の方は、「みんなの船橋」ブログからお越しいただいたことを想定して、お話を進めさせていただきます。

毎月第3土曜日に開催される「船橋漁港の朝市」に足を運ぶと、このようなチラシを目にする機会が多いと思います。

船橋漁港の朝市ニュースレター

それ、ちーちゃん(@nariwaijin)が製作を担当させていただいております。チラシではなく、「ニュースレター」なんて呼び方をしています。

▶︎ニュースレターってナニ?という方は→こちらからどうぞ♪

今まで紙媒体のみで配布していましたが、当サイトでwebに転載してお届けします。

 

老若男女問わず、たくさんのお客様が足を運んでくださるようになりました。

2010年8月に初めて「船橋漁港の朝市」を開催し、以降毎月1回ペースの朝市を今まで続けてくることができています。

これは皆様のおかげ様があってのこと。大変にありがたいことでございます。 今まで1度でもお見えいただいたことのあるお客様はもちろん、老若男女問わず、たくさんのお客様にお見えいただいており、中には毎回お見かけする常連様もおられ、さらには他の朝市でもお見かけする方もあり、大変にうれしく思います。

「船橋漁港の朝市」は主催者の私だけでは開催ができません。出店いただいている皆様のおかげでお客様に船橋ブランドの商品をお客様に提供できるのです。
初回から出店いただいている(株)ダイサン、平野農園様、他にも過去1度でも出ていただいたことのある出店者の皆様のおかげで「船橋漁港の朝市」を継続開催することができました。

各方面の方々にもご助力をいただいております。

船橋市漁業協同組合様には開催場所の折衝等でご助力をいただき、「船橋漁港の朝市」を開催できております。 船橋市農水産課には漁港で農産物が手に入るようご指南いただけ、市民協働課には「市民公益活動」として認可いただきました。広報課には市の広報等で市民の皆様へ告知に際してご助力いただいております。

 

紙媒体の瓦版は告知・お客様との交流に効果絶大ですよ!


そして、「船橋漁港の朝市瓦版(ニュースレター)」を企画・編集・発行いただいているナリワイ人様のおかげで「地元の方に船橋漁港を知ってもらいたい!」という開催者の想いをお伝えすることが可能になり、「船橋漁港の朝市」が新しい展開を見ることができました。経営者の皆さま!紙媒体の瓦版は告知・お客様との交流に効果絶大ですよ!(若干話がズレました汗)

...書き始めると諸方面への感謝が絶えませんが改めまして、皆さま本当にありがとうございます! この「船橋漁港の朝市」を通じて船橋産品の素晴らしさを市民の皆様に知っていただきたいと考えております。今後とも「船橋漁港の朝市」にご期待ください!

☆ ☆ ☆

以上、船橋漁港の朝市ニュースレターより転載記事でした〜。

▶︎ニュースレターってナニ?という方は→こちらからどうぞ♪

▶︎次回の船橋漁港の朝市スケジュールはコチラから。

▶︎その他の船橋漁港の朝市転載記事は→こちらから。

☆ ☆ ☆

《ご案内》

早いもので、広告や販促の仕事を始めて(フリーランス歴はナリワイ歴は8年くらい)20年弱が経過しました。

その中で強く思うこと。それは大きな企業の仕事よりも個人で少人数で頑張っている企業やお店をサポートしていきたいということです。

「ありがとうの声が聞こえる範囲で仕事したい」のです。

当サイトを運営しています、ちーちゃん(@nariwaijin)の時間を下記サイトで購入いただけます。販促やPRなどでお困りの方はこちらからどうぞ。いつでもどこでも駆けつけます。

無料ショップ開設なら「BASE」

Follow me!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA