総合的リサイクル会社の永田紙業ってどんな会社なの?


「リサイクル業者」というと古紙の回収や資源回収などが思い浮かびます。

永田紙業株式会社は単なるリサイクル業者ではなく「総合的リサイクル会社」として多くの人に知られています。古紙に限らず、機密文書や産業廃棄物も一手に引き受け、地域に社会に貢献する企業、それが永田紙業株式会社です。

では、永田耕太郎社長率いる永田紙業株式会社とはどのような会社なのでしょうか?
総合リサイクル会社の業態とその評判についてまとめてみました。

 

捨てればゴミ、生かせば資源をモットーに展開する総合的リサイクル会社

永田紙業株式会社は1959年に埼玉県深谷市で古紙取扱い商社として創業しました。
主に古新聞、雑誌、段ボールなどの回収からスタンダードした永田紙業は埼玉県内と北関東を中心に事業所や工場を展開しています。

「誠実・信用・確実・進取」を社是とし古紙取扱いを皮切りに、時代のニーズに柔軟に対応しオフィスから出る古紙のリサイクル、機密文書の処理資源回収、産業廃棄物処理、リサイクル製品企画、販売など「総合リサイクル会社」として知られています。

今では埼玉県深谷市の本社工場をはじめ、県内に嵐山事業所、本庄事業所、深谷岡部事業所、群馬県の前橋事業所、前橋中央事業所、太田藪塚事業所、栃木県に足利事業所、神奈川県に鎌倉事業所などがあります。
またただリサイクルするだけの会社だけではなく、ゴミ問題、環境問題、社会問題にも真向から取り組んでいます。

 

永田紙業株式会社の提供している主なサービスって?

永田紙業株式会社では以下のサービスを提供しています。

・古新聞・古雑誌・段ボール、牛乳パック、木製割りばしの回収業務
・自治体の行政回収、各種団体資源回収の引取り
・オフィス古紙や機密文書の回収とシュレッダー代行処理業務
・産業廃棄物の収集や運搬
・産業廃棄物の中間処理
・一般廃棄物の収集・運搬
・トイレットペーパー・ティッシュペーパーの企画制作
・PCC用紙の販売
・PPバンド・ストレッチフィルム等の梱包資材の販売

産業廃棄物に関しては、埼玉県や高崎市などの許可を得て回収、処理を実施しています。
この他にも、近隣地域の小中学校や子供会などの資源回収も行ってます。

 

永田紙業株式会社の評判はどうなの?

総合的リサイクル会社としてあらゆるリサイクル業に取り組んでいる永田紙業株式会社ですが、その評判とはどのようなものなのでしょうか?


・しっかりとした工場の設備

リサイクル業者の工場にはヤードと呼ばれる回収基地があります。おもに一般的な回収古紙を取り扱う「オープン型」と機密書類を取り扱う「クローズ型」があるのですが、永田紙業株式会社ではオープン型、クローズ型両方備える併設型ヤードを導入しており、通常は平屋建てで建設するところを2~3階建てにしています。もちろんオープンヤードとクローズヤードの区別は徹底されています。大型ヤードの所持によりスピード感のある処理ができるため、取引先企業などから絶大の信頼を得ているのです。

・「信頼」されるライセンス取得

永田紙業株式会社では環境に関する国際的な標準規格「ISO14001」を取得しています。ISO14001を取得している企業は環境問題への取り組みで国際から信頼を得たという証となる為、地域の人や取引先企業から安心、安全な企業として認められています。
また家庭やオフィスから紙類のゴミや機密文書などの処理も請け負っているため、個人保護情報保護の観点から「プライバシーマーク」の認定も取得しています。

・意識高い「エコドライバー」

永田紙業株式会社は車を使っての回収業務も非常に重要です。環境問題に取り組むリサイクル業者として、空ぶかし、急発進、急加速運転などの削減を推奨する「エコドライブ」を実施しています。
エコドライブに関する細かいマニュアルを社内で作成し、優良ドライバーを表彰する事によりドライバーの
モチベーション維持させ、サービス全体の向上に努めています。
もちろん車両点検も欠かさず実施し、ドライバーの命を守る事も大切に考えています。
ドライバーへのこまめな教育や意思の徹底により優秀な「エコドライバー」が回収業務を行っているのです。

・男女問わず要職へ

永田紙業株式会社は風通しのいい人事をすることで知られています。やる気と好奇心があればどんな人材でも積極に採用し、女性の役員でもどんどん登用しています。
大手企業との取引先や数多くのグループ会社があり、安定した働き甲斐のある企業として従業員からも評判の良いとの事です。

 

永田紙業株式会社社長の永田耕太郎さんとはどんな人物なのか?

永田紙業株式会社の社長は永田耕太郎さんです。
永田紙業を単なる古紙回収会社でなく幅広く展開する総合リサイクル業者へと成長させた永田耕太郎さんはどのような方なのでしょうか。

・昭和39年12月4日生まれ。
・平成元年四月に永田紙業株式会社へ入社
・平成7年明成物流株式会社設立 代表取締役社長就任
・平成10年永田紙業株式会社取締役営業部長就任
・平成22年永田紙業株式会社常務取締役兼経営企画室長へ就任
・平成22年物流機器レンタル株式会社を設立 代表取締役就任
・平成24年11月永田紙業株式会社代表取締役就任
・平成25年5月永田紙業株式会社常務取締役常務執行役員就任
・平成27年6月専務取締役専務執行役員就任

永田紙業株式会社は紙類の回収や資源回収、産業廃棄物、一般廃棄物の運搬、機密書類処理など総合的なリサイクルビジネスの会社です。 先代で現会長の永田博太郎さんが創業した当時は古紙回収からのスタートでしたが、いまでは一大リサイクル企業へと成長をとげました。

永田耕太郎社長は常に「社会のリサイクルに役立つ事業とは何か?」を考え、次々とリサイクル事業の新しいビジネスモデルを考案し、実践してきました。
アイデアだけでなく永田耕太郎社長の実践できる行動力と経営力が現代の永田紙業株式会社を成長させたといっても過言ではありません。

常にお客さまのニーズに応えたいという永田耕太郎社長は次々と新な事業を打ち出しますが、それだけでは「信頼」を得るのが難しいと思い、環境保全の為のISO14100や個人情報保護についてのてきせつな保護措置のためのプライバシーマークなどの認証を獲得し、会社への信頼をゆるぎないものとしています。

人事面においても広い視野を持つ人材や好奇心旺盛な人材、柔軟性のある人材などあらゆる人材を採用し「仲間意識」だけでなく時には「ライバル意識」をもって一緒に会社を盛り上げていこうというモチベーションの高い環境を生み出しています。
永田紙業の社員が高い意識を維持したまま仕事ができるのも、社長である永田耕太郎さんのビジョンに賛同しているからなのでしょう。

 

永田紙業株式会社についてのまとめ

単なるリサイクル業者でなく、環境問題、社会問題へ真向から取り組み、最新の設備と迅速な処理、そして信頼おけるライセンスで取引企業や地域から信頼を得ている永田紙業株式会社はこれからも高いモチベーションでリサイクル業に取り組んでゆく事でしょう。

 

■永田紙業株式会社 会社概要

会社名 永田紙業株式会社
代表 永田 耕太郎
会長 永田 博太郎
創業 昭和34年9月1日
従業員数 300名(関係会社・パート含む)
資本金 1,000万円
グループ会社 明成物流株式会社物流機器レンタル株式会社NR株式会社

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA