株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)のM&Aは中小企業の救世主?!評判や特徴を調査


「企業合併」や「企業買収」という意味を持つ「M&A(エムアンドエー)」という言葉は、中小企業の経営者からすると自分にはあまり関係のない話だと感じたり、身近に感じる人でも「自分の会社を失う」というマイナスなイメージを持ちかねない言葉です。

そんなM&Aを「Happy Lifeを生み出すM&A」という企業理念を掲げたM&Aアドバイザリー事業を行っているのが株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)です。

「みんなを幸せにするM&A」で多くの中小企業を導いている株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)とはどのような企業なのでしょうか? その評判などと共にご紹介しましょう。

後継者問題で悩んでいる経営者の方などはぜひ一度FUNDBOOK(ファンドブック)へ相談してみませんか?

ファンドブックへのご相談・お申込み

株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)はHappy Lifeを生み出すM&Aプラットフォーム企業

ファンドブックの公式ホームページのトップ画像

株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)は企業の合併や買収をするM&Aのアドバイザリー事業を展開する会社で2017年8月に創業しました。FUNDBOOK(ファンドブック)では特に中小企業経営者の問題解決に特化した事案を主軸としており、中小企業が抱えがちな「事業継承問題」「後継者問題」「相続」などで廃業のピンチに陥っていたり経営うまくいってない企業に対してM&Aのアドバイスやサポートを実施しています。

設立の経緯と企業理念

元はネット型リユース事業からスタートした企業ですが、需要があったM&A事業を切り離し、M&A事業に特化した株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)が誕生しました。

FUNDBOOK(ファンドブック)の創業者で代表取締役CEOの畑野幸治さんは後継者問題などで事業継承がうまくいかない中小企業が次々を廃業に追い込まれる中で、廃業ではなくM&Aによって企業を存続させる事で日本を支える事もできるという考えを持っています。

畑野さん自身も父親が勤めていた大手企業の廃業による家族の苦労を体験している事から、ことに企業が廃業しないための手段の一つとして「経営者や従業員が幸せになれるM&A」という企業理念を掲げています。

FUNDBOOK(ファンドブック)のM&Aが「次世代につなぐための革新的なM&Aプラットフォームを創出する」ことで関わった企業の経営者や従業員の「Happy Life」を創るという信念をもって中小企業のM&Aを行い「最高のパートナーに出会う」ためのマッチングに余念がありません。

ともすれば「企業買収」や「企業合併」という当事者が不安になりそうな状況を「みんなが幸せになる為のM&A」の実現に真摯になって取り組んでくれる、FUNDBOOK(ファンドブック)はこのように依頼する企業に向き合い寄り添うM&A企業なのです。

マッチングだけでは終わらないFUNDBOOK(ファンドブック)のM&Aはここが違う

中小企業の後継者不足による廃業ピンチは国が動くレベル

現在、後継者不足で事業継承ができず、人知れず廃業に追いやられている中小企業が多くあります。会社を畳むにしても、債務超過で苦しむ場合や、従業員を路頭に迷わせるという廃業リスクを背負わなければなりません。

例えばその中で存続という道を決意し、手塩にかけた会社を守るため、従業員の雇用と将来を守るため自身の生活の為にM&Aを決意する企業も増えてきています。中小企業庁が「事業継承支援センター」を設置して積極的に

中小企業向けのM&Aの支援を始めていますが、実際にM&A成立に至る企業はほんのひと握りでまだまだ支援企業として成り立っていない事が現状です。その理由として、国の支援の方法はマッチングするだけの手法であり、アドバイザー的なフォローまで回っていない点が弱点となっているようです。民間のM&Aを取り扱う企業に関しても、例えば譲渡企業から相談を受けてもM&A実績のある譲受企業へ話を持っていくというスタンダードな手法が目立ちます。

実績のある大手が必ずしも譲受企業にとってメリットが大きいわけではなく、企業と企業の間には「相性」も必要です。

マッチングだけでは終わらない「最高のパートナー」を見つけるFUNDBOOK(ファンドブック)のM&A

その点、株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)はM&Aを単なる企業買収や合併という解釈ではなく「最高のパートナーとのマッチング」と捉えています。

FUNDBOOK(ファンドブック)の着地点は「最終的に譲渡企業譲受企業双方がM&Aを行ってよかった」と思うことであり、譲渡後の事業がその後も成長し続けるという点にあります。例えば、M&Aを知らないシニア経営者に対して直接足を運んでコンタクトを取り、自発的にM&Aを検討してもらうような流れにもってゆき、売却案件がプラットフォームに乗るまで話をつけます。その後は最高のパートナーを見つけるべく譲渡される会社の帳簿の確認、M&A後の収益の試算などの企業を買い取る譲受企業への交渉カードを作成する一方で、譲渡企業が一番懸念する譲受企業の実績と信頼度、従業員の雇用の継続の保証を取り付けるなど双方をうまく結びつけ「最高のパートナーとのマッチング」となるように手配をします。

譲渡の成立だけが成功ではなくM&A後にこそ事業が成長して収益をもたらすまでのアドバイスとサポートを行っていることが、FUNDBOOK(ファンドブック)が他のM&A仲介企業と違う点と言えましょう。


株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)にM&Aを依頼する際の料金は?

ファンドブックの譲渡の流れ

FUNDBOOK(ファンドブック)にM&Aの仲介をお願いしたい、もしくはプラットフォームに登録したいと思った時は、まず無料の相談窓口があります。

さらに依頼を受けた企業の状況に合わせて厳選したパートナー候補の企業からのオファーを無料で紹介してくれます。

FUNDBOOK(ファンドブック)はM&A仲介の着手金は無料で、基本的にはM&Aにおけるポピュラーなレーマン方式に則った成果報酬制となっています。

さらにM&Aの交渉に入ってからもFUNDBOOK(ファンドブック)は完全成功報酬型のため余計な費用がかりません。このようにM&Aで不安視されがちな着手金や仲介手数料の心配もいらないので安心して相談ができます。

まずはお電話やメールなどで問い合わせをしてみてください

株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)のニーズは?その評判とは?

FUNDBOOK(ファンドブック)のニーズは主に中小企業にあります。

親族経営で身内に経営を譲渡して継続してきたが、継承する後継者が事業を引き継ぐ為の税金などの費用が用意できなかったり、後継者そのものが育たなかったケースなどが多く、親族継承する企業が全体の3割とまで落ち込んでいます。

また事業がグローバル化し従来の経営では操業できなくなり、対応できる後継者が育っていないために廃業寸前となっている中小企業もたくさん存在します。そんな企業がM&Aを決意しFUNDBOOK(ファンドブック)へ駆け込んでいます。

廃業をした際の負債リスクや、従業員を路頭に迷わせる事、身内に負担をかけてしまうかも、という不安を抱えつつも、M&Aを選択すればより多くの費用が掛かってしまうと躊躇していた中小企業も、相談料無料、仲介手数料、着手料無料のFUNDBOOK(ファンドブック)を知ってM&Aを決意したというエピソードもあります。

評判は?

実際にFUNDBOOK(ファンドブック)にM&Aをお願いした人の評判を聞くと「M&Aアドバイザー」が単なる営業だけをする人ではなくちゃんとした経営者目線を持ち、税務、法務、労務にも強い人だったので、ベストマッチな企業選びを安心して選ぶ事できた、という意見や一時は廃業も考えていたが、M&Aを決断し、信頼できる企業に託したかつての自分の会社が息を吹き返す姿を見る事が出来たなどその評判は上々です。多くの中小企業がFUNDBOOK(ファンドブック)のアドバイスよって廃業や倒産などを免れています。

株式会社FUNDBOOK(ファンドブック)についてのまとめ

譲渡企業、譲受企業、双方が最高のパートナーとなるべくベストマッチを創出するFUNDBOOK(ファンドブック)のM&Aプラットフォーム事業。

相談料無料、着手料無料、成功報酬のみのわかりやすい料金システムと、税務法務労務、各分野に強いアドバイザーが「みんなの幸せのために」アドバイスし、マッチングするシステムで多くの中小企業が廃業危機の泥沼から救い出されています。

M&Aをまだ知らない経営者の方やM&Aを躊躇している経営者の方、後継者問題で悩んでいる経営者の方などはぜひ一度FUNDBOOK(ファンドブック)へ相談してみませんか?

ファンドブックへのご相談・お申込み

自身で手塩にかけた大切な会社がこれから先も成長し続けるために。

追記

2018.5.14 公式サイトがリニューアルされていました

本日確認したところ、ファンドブックの公式サイトがリニューアルされていました。URLなども変更されているようですが、リダイレクトされているようなので問題ないようですね。

とても見やすいホームページに変更されている印象です。ファンドブックを活用した際の譲渡の流れや譲受の流れなどもみやすいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA