開業初心者必見!65万円控除を受けるための帳簿類とは?


個人事業で確定申告をする場合、青色申告で行うと65万円の控除を受けられることをご存知でしょうか。

青色申告をするには最初に開業届を出す時「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります。青色申告は65万円控除などさまざまなメリットがある反面、白色申告よりもしっかりと記帳をしなければなりません。

65万円控除を受けるにはどのような帳簿が必要か3つのポイントに分けて紹介します。

税務署でチェックが入る仕訳帳・総勘定元帳

まず仕訳帳・総勘定元帳についてです。仕訳帳と総勘定元帳は主要簿とも呼ばれ、決算書類を作成するときに必要な帳簿です。

仕訳帳はすべての取引を日付順にまとめた帳簿で、これをもとにして総勘定元帳が作られます。総勘定元帳とは勘定科目ごとにまとめた帳簿の事です。

仕訳帳と総勘定元帳は確定申告の際に提出するわけではありませんが、青色申告で65万円控除を受けるのであれば主要簿の作成が義務付けられています。これらの帳簿類は税務調査が入ったときに調査官が帳簿をチェックするのに必要なので、7年間の保存義務があります。

 

主要簿の助けとなる補助簿

次に、主要簿の補助的な役割を担う補助簿についてです。仕訳帳や総勘定元帳の補助的な役割を担う帳簿のことを補助簿といいます。補助簿には現金の残高や取引を管理する現金出納帳や預金通帳の内容を管理する預金出納帳、仕入や売上を管理する仕入帳や売上帳、代金の支払いや回収が後日になるものを管理する買掛帳や売掛帳などがあります。

これらの補助簿は必要に応じで作成するので、業種や取引の内容によって作成される補助簿は異なります。

また仕訳帳や総勘定元帳と同様に確定申告の際には提出しなくてもよいのですが7年間の保存義務期間があります。


 

年間の推移がわかる損益計算書と貸借対照表

最後に、損益計算書と貸借対照表について説明します。青色申告で確定申告をする場合、税務署に提出しなければならない65万円控除の帳簿は、損益計算書と貸借対照表です。

損益計算書とは一定期間にどれだけの売上高などの収入や必要経費が発生したのかを記入する書類で、収入から経費を差し引いた所得を知ることができます。

貸借対照表とは期首と期末の一定時点でどれだけの資産や負債があるかを表す書類です。貸借対照表を作成することによって事業年度の始まりと事業年度の終わりの時点の資産や負債の推移がわかります。

 

まとめ

このように青色申告で65万円の控除を受けたい場合は以上の帳簿を作成する必要があります。帳簿の作成は大変かもしれませんが、65万円控除やその他の青色申告の節税メリットは大きな節税対策になるでしょう。

 

【ご案内】

▶︎独立・起業に関するノウハウや考え方

▶︎ナリワイ人インタビュー記事

▶︎読書レビュー記事

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA