大人気!フリーランスのWebライター!本当に〇円も稼げるのか?!



オシャレ名刺



ホームページ集客ツール



某キュレーションサイトのトラブルにより、有名になってしまったWebライターという存在・・・・。
在宅ワークの中でも、比較的高額な給与を得ているといっても過言ではないと感じています。
在宅ワークというのは、基本的に始めようとすることだけでもハードルが高いものです。
仕事を受注し、製作し、納品することで発生する売り上げ。当たり前ですが、サラリーマンやパートのように時間給ではありません。どれだけ時間がかかっても、納品したものに対する対価しか売り上げは発生しないもの。

webライター料金

1記事書いて300円?!

これは、某キュレーションサイトのトラブルが発覚した際に、よく言われていた料金です。非常に単価の低い仕事で、こんな価格しか支払われていませんでした。などという話を聞いた時、飲んでいたお茶を噴出してしまいました。

「いや!それ、単価高いほうだから!!!」

Webライターは、中間サイトに登録して、登録したサイトでお客様を探します。仕事内容や料金など、互いに問題がないとなると、受注に至るのです。
当たり前ですが、お客様だって匿名(ハンドルネーム使用)、リアルでどんな人なのかというのは、お互いに知りません。
納品した商品が、どういった場所で使用されるのかも知らされないことのほうが多く、受注した内容が完成次第、納品・・・。
お客様からのチェックを受け問題がなければ完了し、そして、入金に至るという流れになります。

仕事を始めた当初、10記事(1記事 500~600文字)書いて2000円でした。そこから、中間サイトに手数料など取られるため、手元に残るのは1500円。
作業に慣れていない分、作業日数は多く必要となります。大体1日1記事といったところでしょうか。10日かかったとして、1日の作業時間は4~5時間。1記事150円なので、1時間あたりの時給は30円・・・・。

 

あ、ちなみに僕はライターとしてもお仕事をいただきますが、毎月の売り上げを支えているベースとなるのは、広告デザインの製作&ディレクション業務です。

元Hysteric BlueヴォーカルTamaさんのジャケットデザインも担当させていただきました。


 

Webライターのスタートラインは、そういう世界です。1記事300円なんて倍の価格!

つまり「単価の高い、良い仕事」というのが、真実だと思います。

 

今後はライターだけに留まらず、興味のあるジャンルに積極的に挑戦し、多動的に生きることが必要とされ、それこそが生き抜く術だろうな、と感じる今日この頃なのです。


オシャレ名刺



ホームページ集客ツール


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA