ローリスクで起業して成功するためのステップとは?


独立起業をする場合、勤めている会社を辞める前に準備をしておくことが重要ですが、特に週末起業、書物などでの勉強、お金の借り入れ、そしてクレジットカードの作成が重要になります。

関連記事:独立起業には向き・不向きの特徴がある!あなたはどっち?


まずは週末起業から始めてみる。

週末起業とは、普段会社員として働いている人が会社が休みの日だけ自分がこれから行おうとしているビジネスを始めることです。もし、会社を辞めてから初めて起業をするならば、未経験なことだらけでリスクが大きくなります。

たしかに独立起業すると様々な経験を積むことで学びになりますが、ビギナーの段階では安定した収入を得ることは難しくなります。よほどお金を持っている人であれば別ですが、そうでない場合はじり貧になってしまうでしょう。

そこで、まだ収入がある会社員の段階で事前に起業をして様々な体験をしておくことが大事になります。まだ駆け出しの会社が小さいうちであれば、失敗をしても生活を脅かすほどの損失を出すことはありませんし、いくらか損失が出たとしても本業の収入でリカバリーすることは可能です。週末起業をすると休みがなくなり忙しくなりますが、本気でやろうと思っているのであれば、毎週休みがなくても続けられるでしょう。忙しくてもできることが分かれば、十分な自信になります。

 

積極的なインプットとシュミレーションを。

次に、書物やセミナーなどで勉強をしておくことが準備として大事です。これは週末起業を始める前から行ってもよいですが、起業をしている最中に行ってもよいことです。書物やセミナーから得た知識を試して、トライアンドエラーを繰り返すことで本格的に起業するときに大きな経験として役に立つでしょう。

金銭的な面での準備も重要です。

例えば、ローンを組む方法を考えておくことは有用です。本格的に独立起業をする場合は少なからずお金がかかります。株式会社を設立する場合は、およそ資本金として300万円を用意する必要があります。それ以外にも会社設立にかかる登記費用などで30万円ほどかかり、オフィスを借りるときなどにもお金は必要です。これらのお金を一括で支払えればいいですが、そうでなければお金を借りることも考えておかなければなりません。借り入れをする場合には金融機関を頼みとしてもいいですが、信用がなければ貸してくれることはありません。


そこで、国の日本政策金融公庫に融資をお願いする方法があります。日本政策金融公庫からお金を借りる場合は、信用がなくても借りることが出来ます。ただし、借り入れる時には審査が必要で、その時提出するものが会社の事業計画書になります。そのため、しっかりとした会社の事業計画書を作っておくことが重要になります。借り入れをすることができるのは、3000万円までですが、最初の運転資金としての借り入れは最高で1500万円になります。

お金関係でもう一つ準備をしておきたいのはクレジットカードの作成です。クレジットカードは会社員であれば作りやすいですが、起業独立をして会社がまだ小さく利益があまりない時は審査に通りません。そこで、会社員のうちにクレジットカードを作っておきましょう。

▶︎その他の独立起業関連記事はこちら。

こちらもオススメ!仮想通貨で「億り人」続出!

2017年は「仮想通貨元年」などと言われ、仮想通貨で「億り人(億の資産を築いた人)」が続出した年でもありましたね。
とはいえ、まだ「仮想通貨?ビットコイン??」って人もいると思います。

まだまだ伸びるであろう仮想通貨。この波に乗り遅れないためにも、ご一読いただければ!

▶︎【初心者向け】いまからでも遅くない!仮想通貨の始め方

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA