2017-06-03

知らないと損!趣味で起業する落とし穴とは!?


アロマセラピストや料理研究家など、センスある趣味が特技になって独立起業をしたいと考えている方も増えてきていますよね。
特に女性たちの活躍の場を広げていこうとする企業や自治体の動きもあり、自分の思い描いていた夢が現実の仕事として始めやすい環境も整えられつつあります。
ただ独立して起業を起こすためにはデメリットもあるので、起業を起こす前には十分に検討する必要があります。
特に自分が得意とする趣味に対して絶対成功するという思い込みはタブーです。発信力も持っていてそれなりに顧客を集める自信があっても、実際に仕事として始めた場合に会社を運営していけるだけの、さらに食べていけるだけの対価を支払ってくれる人がいるかどうかは分かりません。



▶︎女性起業関連記事:女性が起業しやすい職種な何?厳選10選をご紹介!

自分が教えた生徒がライバルに?!競うのではなく、共存を。

いくら得意とする専門分野であっても、起業して需要があるかどうかは専門家のアドバイスをもらった方が良いですよね。いろいろな専門家のアドバイスを受けたい場合は、自治体などで無料相談が行われているので、利用するのも一つの方法です。

好きな事や得意なことを仕事に繋げていきたいと考えている方は多いですが、特に講座などを開催して生徒集めをする場合、費用が思った以上にかかるケースがあります。
情報や物で溢れている現代では生徒側もとても目が肥えています。多くの講座の中から選んでもらうためには、センスだけでなく、ある程度お金をかけて見栄えの良いものにして感動を与えなければいけません。

そして一番のデメリットは、自分が教えた生徒がライバルになる可能性があることです。生徒数を増やしたいと頑張るほど、自分の周りに同じようなことで起業しようと考える人を増やしていく可能性が高くなります。
しかし、そこは競うのではなく、共存できるようコミュニティを構築するなどすればお互いに支え合いながら成長をしていけます。

 

お金を払ってでも欲しいという魅力があるか?

趣味を活かした起業は自宅でも始めやすいことから希望する人も多く、ハンドメイドのアクセサリーや小物などをネットで販売する人もたくさんいます。ただ、これが成功して安定した収入に結び付くかどうかは難しいと言えます。


いくら上手でも、膨大なネット商品の中から選んでもらうには、商品の制作と同時に認知活動として画像をアップするなど絶えず人の目に触れるような努力を続けなければいけません。

たとえそれが人目についても、お金を払ってでも欲しいという魅力がなければいけないのです。また安全性や耐久性も備えていなければ、購入した人が健康を害したり粗悪品として評価をされてしまいます。

 

最初は収入面で過剰な期待はしない

起業をするにはさまざまなお金がかかるので、入ってくる収入がすべて自分のものになると考えるのはリスクがあります。特にたくさんの人に認められるまでは、収入面での期待はしない方が気持ち的に楽かもしれません。

また独立起業となると、お金の管理や発注などいろいろと自分でやらなければいけないことがあるので、趣味以外のことも面倒くさがらずに自分で何でもやり遂げるという気合も必要になってきます。自分の才能を信じながら、必要な時は専門家の力を借りるなど、柔軟な考え方を持つことが大切です。


▶︎その他の独立開業関連記事はこちらです。

Follow me!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA