お金の不安から自由に!使うほど増える無限ループって?


メンタリストとして活躍されているDaigoさんの著書「好きをお金に変える心理学」をご紹介。
本書では、お金を使えば使うほど増えてくる「無限ループ」について書かれている。本屋で偶然見かけ、新幹線の中で一気に読んだ一冊。

お金の「無限ループ」とは、好きなことに集中して投資することで、稼ぎ出す力が磨かれて収入が増えるという仕組み。
この仕組みをサイクルとして回すことで、無限ループとしてお金の悩みから開放されるようになり、無限ループにするための方法を4つのステップで解説されている。

【4つのステップ】
①幸せを遠ざける、お金に関する不都合な三つの事実
②「好きなこと」を極めるために大切なこと
③お金を生み出す五つのチャンス
④スキルを磨く再投資。七つのルール

自由な生き方を手に入れるヒントが満載

好きをお金に変える心理学Daigo

本書は無駄遣いを減らす方法やお金持ちになれる人の見分け方等についても言及されていて、お金に振り回されがちな現代人におススメの一冊。

メンタリストだからこその視点の心理学と経験に基づきながら、お金で苦労しない生き方を提示しています。

好きを仕事にする方法だけでなく、「お金をどこに投資していくべきか」も参考になる。

まずは自分は一番何が好きかを見つめ直してみる。

読み物としても面白く書かれていて、直ぐに役立つお金の貯め方など、目からウロコの方法論も盛り込まれている。
特に、直感を磨くゲームは、様々なシーンに役立てる事ができる。本書のポイントとなっているのが「何かに没頭することの強み」で、そのための筋道について具体例を交えながら書かれている。Daigoさん自身が大の読書好きで、様々な大家と称される人の例を挙げて、論理的に「お金の無限ループ」へとつなげている。
そもそも「お金があれば幸せになれる」という発想が幻想であり「不幸になる元」だとされていて、お金はあくまで「手段」であり、肝心なのは「目標を達成する事」だ。


本書の中では、著者が影響を受けた本についても詳しく言及されていて、要点が分かりやすく載せられている。
これらを自分で読むのは相当な時間と労力を要するので、DaiGo目線からコンパクトにエッセンスを抽出がされているのは、大いに助けになる。
また、本書のレイアウトにも工夫が凝らされており、読者の集中を高めるための色使いなど、メンタリストとしての配慮がうかがえる。文字も大きめで読みやすく、肩肘張らずに読み進められるのも、評価できるポイントだ。

 

まとめ

読了後の感想としては、本書の中で主張されている事を実践できれば、消費癖の人もお金の管理が上手になるということだ。
人は何故余計な消費行動をとってしまうのか。その心理学的理由を知るだけでも、認知行動療法の効果を発揮する事になる。実際、本書によって、数多くの読者が自分の消費行動の認知が変わり、浪費が止まったと証言されている。そうした効果があるからこそ、メンタリストシリーズは高い人気を誇っているのだろう。

 

「本当に好きなこと」がわかる!9つの質問

⬜︎ あなたは仕事の目的を即答できますか?
⬜︎ 仕事中は集中できてますか?
⬜︎ 仕事中、作業に30分以上没頭して周りが見えなくなることはありますか?
⬜︎ 仕事がある日は1日を短く感じますか?
⬜︎ 今日の仕事で得られたせいかについて即答できますか?
⬜︎ あなたの仕事は未知への挑戦が多いですか?
⬜︎ 仕事のスケジュールや内容を自分でコントロールできている感覚がありますか?
⬜︎ あなたの仕事場は作業を誰かに邪魔されやすい環境ですか?
⬜︎ 毎月働いて得られるのと同じ給料が働かなくても自動的に振り込まれるようになったとしても、今の仕事を続けますか?

チェックが少なかったアナタにこの本をオススメします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA